本文へ移動

職員ブログ

二番煎じ

2016-11-19
 結婚式話の二番手行きまーす。
 
「その女性がもし男であったならきっと友達に選んだだろう、と思われるような女でなければ妻に選んではいけない。」 byジュベール
 
 先日、友人兼同僚兼相談役の結婚式でした。新郎も新婦も友人。友人の中でも胸を張れる友人。わが父の名はユージ。ユージからユーキでベッタベタやな。
なんだこれ・・・まあそれはいいとして。
 友人という枠は、人によってものすごく温度差があるものだと思います。客観視すれば同じような関係であったとしても、その人の中では知り合いだったり、親友であったりするのかなと感じます。
 まあ、私はその枠が狭い方かなと思うので、胸を張って友人だと言える2人が夫婦になるということに例えようのない幸せを感じました。
 結論、友人代表というものに緊張し過ぎ、泥酔状態で何が何だか分からない部分が多々あったのですが、久しぶりに顔を合わせる方も多く楽しい式でした。
 
 再度学んだことは、笑いを計画的に生み出すことのむずかしさ。その笑いに自信をもちその言葉の魅力を100%伝える演技力の未熟さ。ですかね。結婚式行ってこんなこと学んで帰ってくるのは私とH1先生くらいでしょうが・・・
 
 ともかく2人の永き幸せを願うとともに、その幸せにあやかりたいなぁと思いますね。
 
小林店 久保田

株式会社 グローバルリーフ
宮崎県小林市細野1606番地6
TEL.0984-27-3582
FAX.0984-27-3583


 

0
4
2
4
2
8
TOPへ戻る