本文へ移動

職員ブログ

夏休みもあと少し...(^^)

2015-08-14
次男が通う小学校では、夏休み入ってすぐに、『六月灯』という恒例の行事があります。
子供達がそれぞれ絵を描いた灯籠を神社に持ち寄り、伝統の棒踊りを高学年の子供達が踊ったり、地域の方達も混じりゲームしたりと楽しいイベントです。
今年は、雨続きのため当日の天気が心配されましたが、当日は午後から天気も回復し、神社では周りが暗くなるにつれ灯籠の灯りも綺麗さを増し素敵な光景が広がりました。
イベントの中に灯籠のコンテストがあり、学年ごとに1人選ばれるのですが、なんと今年も次男の灯籠が選ばれ表彰されました‼︎(←2年連続でした)  子供達の灯籠は、それぞれキレイにできていてとても癒されました( ´▽`) 

いよいよ!!

2015-08-11

毎日暑い日が続きますね!

夏といえば、様々なイベントが開催されていると思いますが・・・
個人的な一大イベントが今週末にやってきますっ

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、

「高鍋高校OB祭」

代々受け継がれている伝統行事です
今年はあの「戦場カメラマン 渡部陽一氏」の講演があります
(本日の宮崎日日新聞に載ってます

一昨年から実行委員を立ち上げて、会議に飲み会を重ね(笑)、
気がつけば、あと3日・・・
客入り、進行等々不安だらけですが、その後の同窓会も楽しみですね

興味のある方はぜひどうぞ


頭の中、心の中

2015-08-08

「必要でないものなど何もない」

 

その言葉が物事の本質であるのか、きれいごとなのかは分かりませんが、不必要な物が自然淘汰されていく歴史を思えば、必然的に「不必要」という言葉が不必要とさえ思えます。

 

むしろ「必要」「不必要」という言葉は限定された範囲の中にだけ存在するものなのかと思いますし、そう考えると全ての事象に少なからず意義があるのだという希望的観測が生まれます。

記念式典の話でもあったバタフライエフェクト的な話ですが。どんな小さなことでも影響力はあるのでしょう。

 

 

本当に好きなので、先日PIXARの「インサイド ヘッド」を公開二日目にして観にいきました。

 

カナシミという感情は必要なのか?ヨロコビだけが存在すればいいのではないのか?

そんなテーマなんでしょうか。

 

カナシミは人の悲しみも理解し、優しく寄り添う為に必要なもの。

 

PIXARのアニメは本当に考えさせられますね。

 

 

最近、「人生は楽しんだもの勝ちだ」的な言葉をよく耳にします。

 

よく耳にするなぁ。気になるなぁ。は自分の渇望や気持ちの変遷といった心のサインだと聞いたことがあります。

 

今を楽しむこととは何なのか、考えすぎの自分には分かりませんが

 

こんな晴れた週末には釣竿を持ってどこか遠くへ出かけてみようかなと思います。

 

 

小林店  久保田

夏の海へ。

2015-08-03
嫁はんが美容室に行く。3時間ほどかかる。となるとこの時間、海に行かないわけにはいかない。

ってことで一ッ葉ビーチへ。

嫁はんを9時に美容室へ、その後息子と2人で行ってきました。

初めてこんな時間に行きましたが駐車場には車が停まってて人もまあまあいました。

湾の中の人工ビーチでなのであんまり波は立たないんですが、息子にとってはちょうどいい感じで遊べました。

ほとんど休憩せず、たまに水分だけ摂ってあとはずっと遊んでいたので疲れたのか

帰りの車の中で珍しく寝てました。(車の中であまり寝ない子)

いい絵日記ネタができたと勝手に満足してた私でしたが、すでに2つ書いてたみたいで「もう書いたから」って。

ま、いい家族サービスができました。

H1

子どもの発想力

2015-07-28
 台風ネタに引き続き、もう一つ。

皆さん、NHKラジオの「子ども科学電話相談」は聞いたことがありますか?
小中学生の疑問に専門家が詳しく(時に無慈悲に)答えるラジオ。

そこで出た、
「ネコに話しかけたら、ネコにはニャーと聞こえるんですか?」
という質問。

衝撃、ですよね。猫はニャー、犬はワンと鳴く。その逆の発想。
実際にどうか、というのは分からないにしても、この自由な発想。大事に育てていきたいですね。

けんた

株式会社 グローバルリーフ
宮崎県小林市細野1606番地6
TEL.0984-27-3582
FAX.0984-27-3583


 

0
4
1
3
5
9
TOPへ戻る